【らぁめん小池】あのミシュランも毎年認める、プレミアムな極上煮干しラーメン!!

《京王線麺シリーズ1:上北沢》

京王線の千歳烏山にある取引先。ここの社長は自他ともに認める大の麺好き。

社長曰く、「木村さん、シモキタにはうまいお店がたくさんあるでしょ。でも、京王線にもうまいラーメン屋とか結構あるよ!帰りに寄ってみたら!と。

ありがたいことに、おすすめの「麺」のお店をいろいろ教えてくれた。 

ちょうどお昼。

それでは!と、明大前で乗り換え下北沢に向かう途中、京王線を上北沢駅で途中下車。

麺大好き社長によると、ここには「ミシュラン」のビブグルマンに毎年選ばれるラーメン店があるらしい。

駅を出てまわりを見る。

「上北沢」と「下北沢」は一文字違いだが、「下北沢」とは違い「上北沢」は住宅街に近く、駅周辺の飲食店が少ない。

「本当にミシュランおすすめのお店があるのだろうか…」と思いながら、甲州街道方面へ進む。

おお、あった、あった!うわぁ、提灯でかっ。入店待ちの人もいるじゃないか。 

しかしお客の回転は早かった。

待つこと10分弱で入店。ふぅー。

当店、まずは券売機で食券を購入するシステムだ。

社長の一押しは「煮干しラーメン」。

「煮干しラーメン(780円)」にするか、「味玉 煮干しラーメン(880円)」にするか迷っていると、その下に「濃厚ラーメン(800円)」という魅力的なボタンが目に入った。

いやいやここは、“スーパーサラリーマン”として、社長の一押しをムゲにする訳にはいかない。

「濃厚ラーメン」のボタンは見なかったことにして、「味玉 煮干しラーメン」のボタンをしっかりプッシュ。

そして、しばしお行儀よく待ち、店員さんの言う通りに着席。「お願いします」と笑顔で食券を店員さんに渡す。

(おー、模範的なサラーリーマン!取引先のおすすめするお店に、ご迷惑をかけてはいけない。) 

まわりを見ると、10席ほどのカウンター席に、スーツ姿の男性、作業服の男性、30歳台主婦と思われるママ友3人組、ご高齢のご夫婦等々。

やはり人気店、客層は広い。

店員さんも親しみやすく応対がよい。

毎年ミシュランに選ばれているのに、立派にものだと感心しながら「お宝」を待つ。 

そして5分後、「お宝」登場!

おおぉー、黄金色に輝く、キレイな透明系醤油スープ!

その上、中央には、おしゃれなパスタのように小山状に盛られたレアチャーシューが!

周りには色とりどりの、鶏つくね、刻みタマネギ、青菜、玉子が美しく配置されている。

そして、その下にあるコシのありそうなスマートな麺が全体を包み込むようだ。

美しい!! 

目の前の美しさに、しばし息をのむ。 

しかし、こういう時こそ深呼吸だ。

ふぅー、ふぅー。

よし、落ち着いたところで、スープからいただこう! 

おっおっー、上品な煮干しの味わいが、口当たりも良く、上品なリズムで口全体へと広がっていく!

素晴らしい、見事なスープだ! 

よし次っ、麺もいってみよう。

中細ストレート系、ややカタめか。すすっ。

う、うまい!のど越しもいい!

このスープに、まさにベストマッチだ。

さらにもうひと口いただく。すすっ。

おー、いい!いいじゃないか!

とまらなくなりそうだ。 

しかし、見た瞬間から気になっている、丼中央に盛られた、あの「レアチャーシュー」。

これをいかねばならない。

小山から1枚を上手にはがして、ひと口いってみる。パクリ。

おぉー、しっとり、やわらかい!

うまっ、しっかりとした味わいもある!

このチャーシューは「真空低温調理」という技法で調理されているらしい。

小山状にもられているのは、スープの熱で温められないようにするため。しっとり感と肉の旨味を楽しめるようにとのことだ。

うーん、ちょっと難しいが、すごい!うまい!すばらしい!

ローストビーフとはジャンルが違う。塩辛い生ハムなど足元にもおよばない。

ムチャクチャいい!お見事過ぎる! 

また深呼吸をして、気持ちを落ち着かせる。

次は、「鶏つくね」をいってみよう。

これも気になっていた。練りこまれた青菜が見た目うるわしい。

もったいないが、ひと口でいただこう。パクっ。

おぉー、これも見事!

生姜がちょうどいい感じできいていて、軟骨の食感も絶妙。 許してもらえるのなら、是非おかわりをしたい。

そして再び麺に戻り、次に「玉子」をいってみる。

殻のむき方も丁寧。さすがにこれはひと口でいけず、半分いく。パクり。

おー、きちんと味付けがされ、絶妙な半熟。「仕事」を感じる。 

スープ、麺、チャーシューの定番の「ラーメン三本柱」だけでも素晴らし過ぎるのに、「脇役」にもいっさい手を抜かないのか!

まさに、素晴らしさのパーフェクト、完璧なラーメンだ!

はしが止まらない、スープも残らない、そして完食。

ごちそうさまでした!大満足です! 

【夜、がまん限界!?  Ronud2】 

昼の「煮干しラーメン」はすばらしかった。が、気になっていることがひとつだけある。券売機のボタンが見えないふりをした「濃厚ラーメン」

いったいどういうラーメンなのだろう、どんな味なんだろうと。

恐縮ながら、取引先の社長に電話して聞いてみると「もちろん、それもおすすめだよ!」と。

であれば行くしかない。

よし、晩メシは「濃厚ラーメン」だ! 

18:00過ぎ、再び「らぁめん小池」に入店。

昼と同じく券売機へ。昼は気付かなかったが、券売機の上にはミシュラン人形があった。

ほー、と思いながら「濃厚ラーメン(800円)」のボタンを遠慮なく押す。

そしてカウンターに着席。

店員さんが再度の訪問に気付いたようで、笑顔で応対(一日に何度もすみません!)。 

そして5分後、「お宝」登場!

おー、来た、来た。

トッピングは、青菜が輪切りの長ねぎに変わったが、レアチャーシュー、鶏つくね、刻みタマネギは「煮干しラーメン」とほぼ同じ。

しかし、しかし、しかーし!

スープがまったく違う。

濃厚ブラウン、そしてとろみがあって、量は少なめだ。

ちょっと身震いをさせながら、そのスープをいただいてみる。

くくぅー、やはり来たー!

煮干しがガツンと来たー!

煮干し全面の、ガチ濃厚スープ!!

とろみは鶏白湯ベース。昼の黄金色、透明系の淡麗「煮干しラーメン」とは打って変わっての別物。

しかし、これも、しばらくするとまた絶対に飲みたくなってしまう「魔法のスープ」だ!

よし次っ、麺をいってみよう。

麺は「煮干しラーメン」と同じであろう中細ストレート、ややカタめ。

しかしこの麺はすごい。淡麗な「煮干しラーメン」だけではなく、「濃厚ラーメン」にもぴったりと合う!

そして、煮干しに心地よく、ガンガンせめられ、はしが止まらない。

ふと卓上を見ると、お酢が置かれていた。お酢を入れるとマイルドになるのであろう。

しかし今はいらない!このままで、この「濃厚」をいただきたい! 

くっ、くぅー、来る、来る。来い、来い!

いつも「辛味」をオンするはずの刻みタマネギでさえ、今は「優しい甘さ」で見守ってくれている。

たまらない!

「濃厚なインパクト」と「うまさ」を十二分に楽しみながら、完食!

ごちそうさまでした! 

昼の淡麗「煮干しラーメン」に続き、夜の「濃厚ラーメン」も素晴らしかった。

お見事としか言いようがない。

帰り際、券売機の上を見ると、ミシュラン人形のとなりに、「小池さん」人形 があった。

うまさだけではなく、シャレっ気も忘れない。

さすがMr.ミシュランのラーメン店! 小池さん、すばらしっ!!

 

【らぁめん 小池】 

 世田谷区上北沢4-19-18

 京王線上北沢から徒歩5分 

 11:00-14:30(土日祝は15:00)

 18:00-21:00  不定休 

 

 

 

(注)最新情報はお店にご確認ください。 

 【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!