【支那そば 孤高】「ラーメンの鬼」、こだわり抜いた渾身の一杯をいただく!

京王線麺シリーズ2:八幡山 

今日のランチは、「ラーメンの鬼」佐野実の弟子の店、「孤高」に向かうミシュランも認めるラーメン(→第14話)を教えてくれた千歳烏山の「麺類大好き社長からのおすすめだ。

 

千歳烏山の取引先を出て、京王線を八幡山駅で途中下車する。

 

 

八幡山と言えば、数カ月前を思い出す。シモキタで大人気のラーメン店「麺と未来」。あの「黄金スープ」(→第2話)が…

 

 

ある日突然「ブラックスープ」(→第3話)に変わり…

 

 

「まるで、スープの皆既日食や~」(→第4話)彦摩呂先生気分でここに来た。

 

 

しかし今日は彦摩呂先生ではなく、「ラーメンの鬼」!「皆既日食事件」の詳細は、第2話~第4話にゆずり、心して八幡山の改札を出る。「鬼の弟子」と聞くと、期待がふくらむ一方、若干の緊張を覚えてくる。

 

そして11:30am過ぎ、当店に到着した。いいセンスの店構えじゃないか。一瞬、緊張がほぐれる。

 

 

 

しかし店先の看板を見ると「ラーメンの鬼と呼ばれた佐野実氏の弟子のお店」「鬼」文字に、再び緊張よみがえる 

 

 

そして入口のドアを開ける。「いらっしゃいませ」と店主。この方お弟子さんか。怖い、おっかないタイプを想像してしまったが実直、ストイックな感じ。再び緊張がほぐれる。

 

しかし「佐野実の魂」を受け継いでいるのだろう。ラーメンづくりに対するオーラっぽいものを感じる。また緊張が走る。今日は忙しい。

 

軽く会釈をして入店すると、左に券売機。 

 

 

類大好き社長のおすすめ「煮干しそば」。券売機のとなりにも、「只今の限定 煮干しそばとある。 

 

 

迷わず「煮干しそば(850円)」のボタンを押して着席する

 

当店は10席ほどのカウンターのみ。清潔感のある店内だ。カウンターには調味料もなく、とてもスッキリしている。まさに、ラーメンを食べ、味わうことに集中できる環境 

 

 

願いします。」と言って食券を店主に渡す。ありがとうございます。と店主。 

 

礼節ある会話をかわた後お水を取りに行く。お手用意されている。食べることに専念できるすべての環境、ツールが揃っている 

 

カウンター越し、「鬼の弟子」の仕事振り拝見する。 、んバーナーを取り出した。 

 

おー、チャーシューをあぶのかラーメン店ではめったに見られない光景に息を飲む 

 

そしてお待ちどうさまでした!という店主の声とともに「お宝」が登場! 

 

待っておりました 

 

 

これかー!

期待高まる今の自分に「ため」はない。すぐにレンゲでスープを一口いただく 

 

 

 

おぉー! 

一般的なしょうゆ系煮干しスープとは、別次元。とても奥深くて、かつキレのあるすごいスープだ! 

 

ふと頭を上げると「日本の食文化 枕崎鰹節取扱店」かけ看板素材へのこだわりも相当なものなのだろう 

 

 

ねぎ少なめなのは、スープのわいを損なわないようにするためか うーん、考え抜かれている。さすが「鬼の弟子」! 

 

そして麺にいく細麺、ストレート系だ。 

 

 

おぉー、

カタ過ぎず、絶妙なゆで具合!まさに職人技、お見事と言うしかない! 自慢の自家製麺だから、スープとのからみ抜群!うまいっ! 

 

そしてチャーシュー。 違ったタイプの2枚。豚と鶏か。

 

 

うーん、いい! 

どちらも奇をてらわない、真っ向勝負。さっぱりしていて、しっかりと味がある。うまい、こういうチャーシューをいただきたかった 

 

そして、長く切られた2本の穂先メンマ 

 

 

やわらか厳しさの中に優しさを感じる。 

 

油加減いいので、スープさめづらい。純粋にラーメンを食べ、味わうことに集中している自分が今ここにいる。はしを止めることなく、最後スープを一気に飲み干し完食! 

 

ふー、まさしく「渾身の一杯」!ごちそうさまでした! 

 

店を出て振り返る。 入口に横の看板に「自然な旨みの一杯」「大地と海の滋養で、心と身体に優しさを」

 

 

 

いいポリシーだ。さすが「の弟子いいじゃないか 

 

【支那そば 孤高】 

 杉並区上高井戸1-1-17 

 03-3306-2339 

 11:30-14:00

 18:00-21:30(土日祝17:30-20:30) 

 月曜定休 

 

※「しょう油」と言えば「佐野ラーメン」もいいですね!人気店の「佐野ラーメン」はいかがですか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

※最新情報はお店に確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!