【都市伝説 Vol.1】高田馬場の駅前にある立ち食いそば屋は、夜になると、突然〇〇に変身する!

昼過ぎ、馬場に到着。

 

腹が減った、まだ昼メシを食べていない…。

 

しかし、取引先との約束の時間まであと15分しかない…。

 

ふと前を見ると、立ち食いそば屋さん。ちょうどいい、サクッと「天ぷらそば」でもいただこう。

 

 

入店すると気さくなママさん。天ぷらそばを食べながら、当店の生い立ちなどを教えてもらった。

 

当店は、個人経営の立ち食いそば屋さん。「個人でやっている店、昔は結構あったんだけど、今はほとんどなくなっちゃっからねー。」と。

 

 

確かに、自分がよく行くのは「富士そば」「小諸そば」などのチェーン店。今どき、個人経営の立ち食いそば屋さんは貴重な存在だ。

 

さらに聞くと、当店は創業40余年

 

すごい、老舗の立ち食いそば屋さんだったんだ!

 

おっと、時間だ。ごちそうさまー、と言ってお店を出る。

 

17:00過ぎ、今日の仕事が終了。馬場の駅に戻る。

 

そして、昼に寄った立ち食いそば屋さんを見ると、驚愕の事件が起きた

 

そこにあるのは立ち食いそば屋さんではなく、なんとお寿司屋さん

 

 

昼、私はここで「お寿司」を食べたのか!?

 

 

いや違う。

 

ここで「天ぷらそば」を、立ち食いしたはずだ

 

が、今そこにあるはお寿司屋さん「幸寿司」。どういうことなんだ!?

 

【うまログ スマート北海道展】かに、うに、いくらなどなど!海の幸いっぱい!はこちらから!

 

 

 

 

思わず、ドアを開け入店する。

 

「いらっしゃい!」と大将。

 

しかしここでまた驚愕。

 

昼、私はここで天ぷらそばを「立ち食い」したはずだ。

 

しかし今見ている店内には、ちゃんと椅子が置いてある。

 

さらにガラスケースにはお寿司のネタがきれいに並んでいる。ここは、10席弱のカウンターのお寿司屋さんだ。

 

 

昼に見たもの、食べたものは「幻」だったのか!?

 

動揺していることがわかったのか、小柄で、気さくな大将が話しかけてくれる。

 

大将曰く「そう、昼間は、立ち食いそばだからね。お寿司は夜だけだから。」と。

 

おー、そうなのか。「夢か、うつつか、幻か!?」ではなく、昼、私はちゃんと「天ぷらそば」を立ち食いしたのだ。

 

よかった。動揺はおさまり、ほっとして「特上寿司(1,600円)」を注文する。

 

 

気さくな大将との会話もはずむ。

 

昼間の立ち食いそばは、お姉さんがやっているらしい。

 

そして、お寿司屋さんは親の代から。親から聞いたところでは昭和22年からだと。

 

昭和22年!ということは創業70余年の老舗じゃないか!

 

立ち食いそばの創業40余年にもびっくりしたが、それ以上。ご立派なものだ

 

と思っていると「はい、お待ちどうさま!」と「特上寿司」が登場した。

 

 

おー、うまそうだ。安心すると食欲が急回復する。

 

てまり寿司っぽい、少し丸みを帯びた握り具合。シャリは控えめで、ネタはしっかり。トロはなかなかのもの。大将の心意気を感じる。

 

ごちそうさまー、おいしかったです!と言って当店を出る。

 

そして翌朝、再び高田馬場。当店をちゃんと見る。

 

 

のれんは「そば」だが、その上にはちゃんと「幸寿司」の看板。

 

のれんが変わる「二刀流」!ここは、昼も夜も楽しめる、「おそば」と「お寿司」のお店だったのだ。

 

【うまログ なか食セレクション】北海道から沖縄まで!日本各地のおすすめ「ご当地海鮮カレー」を集めました!

 

 

 

 

【幸寿司】

 新宿区高田馬場2-19-6 駅前

 03-3209-5955

 そば 6:30-13:30(月~土)

 寿司 17:00-21:00(火~金)

【地 図】

※最新情報はお店にご確認ください。

 

【都市伝説 Vol.2】

学生の街、高田馬場!お寿司屋さんも「営業中」ではなく、「授業中」の看板らしい!?

 

【都市伝説 Vol.3】

新宿には「絶望」を求めるお客であふれる、人気のお店があるらしい!?

 

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!